資産形成を始める前に覚えておきたい投資信託とその種類

初めての資産運用でも大丈夫!投資信託のスベテ

投資信託ってどんなサービス?

追加型投信のメリット

追加型投資信託はオープン型投信とも呼ばれる投資方法で、いつでも好きな時に購入・解約が出来る投資信託です。募集期間しか購入出来ない方法をユニット型と呼び、追加型投資信託はその逆パターンの方法となります。
この方法のメリットは何と言ってもいつもで気軽に始められる、解約出来る点です。市場を見て安い時に購入し、高い時に売却するのが投資の基本なので自分のペースで出来るのも強みです。とはいっても多くの方が長期投資目線で投資信託をしているので、短期間で売買するのならFXなど投資よりも投機の方がメリットは多いです。また追加型投資信託は決まった時に決まっただけ購入出来るのでチャートを含む市場の様子を確認する為に、画面に張り付く事もありません。
この方法は特に初心者向けですし、ローリスク・ローリターンですが長い目で見れば立派な投資方法です。

追加型投信のデメリット

今はマイナスでも、プラスになるまでずっと所持していけば負けは無い。確かに株式や外貨為替であればそれは正論です。しかし追加型投信は保有している際にも信託報酬が発生するので注意が必要です。その為、あまり利益の無い投資信託はすぐに売却対象となり目まぐるしく変わっていきます。
それに追いつけない、また大幅なマイナスをかぶってしまい元金が無くなってしまうというケースもありデメリットだと言われています。とはいっても手数料が発生しない投資信託も存在しますので、追加型投信を始める際は事前に手数料や状況を調べて始める事をお勧めします。
投資信託はもちろんですが、基本的に投資は全て自己責任で行うものです。マイナスになると誰かのせいにしたくなる気持ちは分かりますが、そうならない為に分析を行って機械的にトレード・約定して下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る